WordPressの自動アップデートが使えない

Y3Kが利用しているXREA では PHP がセーフモードで実行されるため、WordPress の自動アップデートをすると、「自動アップデート失敗」とエラーが出てしまいます。

そこで、ネットで調べるとアップデートのための PHP ファイルを CGI モードで実行することでエラーを回避できるそうです。

実際にファイルが置かれているフォルダの直下に .htaccess というファイルを作って、以下を追記します。(アップデートのPHPファイルはupload.php, update.php, update-core.php)

<Files upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi php
</Files>
<Files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi php
</Files>
<Files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi php
</Files>

ちなみに、次のコードも追加しておくと管理ページからプラグインをインストールできるようになります。(これもアップデート失敗していたので助かりますね)

<Files plugin-install.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi php
</Files>
これで少々管理がらくになりますね。
最終更新日: 2017/3/31(金)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です