つぐ高原グリーンパーク〜岩倉ダムキャンプ場

今回は初めて父子キャンプに挑戦しました。

長女が高校受験なのと、この先一緒に行く機会が減って行く事に寂しさを感じる今日この頃です。

という事で、今までのファミリーキャンプよりもアクティブなキャンプを目指して、手軽なルアーフィッシングを始めようかと思います。

実は私は結婚する前はバカが付くほどの釣り好きで、春は渓流釣り、夏は鮎釣り、秋は船釣り、冬は磯釣りと一年中釣り三昧の生活を送っていました。

結婚後2〜3年は鮎釣りはしていましたが、長女が生まれてからは家庭中心となり、熱も冷めて行き釣りを封印すべく、会社の後輩に7〜8割の道具を譲ってしまいました。

それから10数年経って子供と釣りをする事になり、釣り具屋へ訪れましたが最近は海でもルアーやワームを使った釣りが普通にあるようですね。

独身時代にも少しだけルアー釣りをしていましたので、自分の釣り具はなんとかなりそうですが子供たち2人分の釣り具を探すことから始めました。

まずは、口コミで安くて良さそうはアイテムをチョイスしました。

条件として、この時期、一般河川などは禁漁期間に入っていますので管理釣り場で手軽に使えるものを探しました。

ロッド:Turing Monkey 鱒レンジャー改 SP40

 

 

 

リール:okuma SONIC SPIN 1000

なんと、この組み合わせで3000円を切るんですね(^^

我が家は息子2人分の道具を調達しなければならなかったので、助かりました。

リールには1号のラインが95m巻かれているので、とりあえずはこのまま使ってみることにしました。

後日、自分用に購入したのが、シマノ リール アリビオ 1000 です。

昔からある日本の代表的な釣り具メーカーのひとつである「シマノ」のものです。

okuma SONIC SPIN 1000と比べると値段が倍ほどしますが、巻き取り時のスムーズさや替スプールが入手できるなど、メリットも多々あるので予算に余裕があったらこちらをお勧めします。

このリール、実際に使ってみましたが、値段の割に使えるリールだと思います。

ベアリングの数が少ないので当たり前なのですが、巻き取りに多少抵抗を感じます。

すぐに慣れましたが・・・

初心者・ビギナーには良いと思います。

釣りの楽しさが分かってくれば、良いタックルが欲しくなるものです。

その頃にはハンドル形状や重心などにもこだわりが出てくると思います。

その時に悩みましょう(^^

さて、キャンプのレポートです。

当日は久しぶりの快晴。

自宅を7:40頃に出発。

最初の目的地「つぐ高原グリーンパーク」へ向かう事2時間半程・・・

現地に到着しました。

img_3402 img_3403

すぐにマス釣り場の管理棟へ向かうが、駐車場から500m程あるみたいで7~8分歩いて到着。

img_3406_r img_3405_r img_3408_r

管理棟で受付をするが、管理人の方にひと声かけてからビクを1つ受け取っただけでした。

そして釣り場へ向かいます。

この釣り場は2つの池があり、上の池は小さめで「えさ釣り」専用となっており、下の池は大きめで「ルアー釣り」はこちらの池でする事になります。

img_3413
釣り場入口
161015-095138_r
上の池
161015-095307_r
下の池

下の池は大きいのですが、写真の通り水草が半分程占めていますので実際の面積は上の池と変わらない様な気がしました。

子供たちは今日初めてリール付の竿を使うことになりますので、これが障害になる事は必至だと覚悟しました(^^;;

釣り場に到着。

早速、今回の為に買ったばかりのタックルを準備するが・・・

思ったより糸が細い・・・

サングラス越しでは良く見えないのでサングラスを外すが・・・

やっぱ手元が見えん・・・

十数年前は細いもので0.2号程の糸を結んだり、針を結んだり普通に出来ていたので問題にしていなかったが、1号の糸ってこんなに細かったっけ??

格闘すること10分程、ようやく1本目の準備完了。

まずは長男に渡してキャストの仕方を簡単に説明。

とりあえず練習する・・・

開始早々新品のスプーンをロスト・・・

やっぱり、水草が・・・

でも、さすがに5年生だと飲み込みも早く、30分もすれば慣れたもので、何とか形になっていました。

次に次男坊の為に同じ仕様のタックルをセットし、キャストの仕方を教えるも中々飛びません。

タックルとしてはコンパクトな物を選んだが、それでも指の長さが短くてキャスト前にラインを指に引っかけるのも一苦労。

一生懸命練習するも、5m程度しか飛ばず・・・

時々、遠くへキャストしてあげてゆっくり巻く練習。

161015-103844_r161015-102523_r 161015-112521_r161015-114738_r161015-105615_r 161015-121531_r

結局この日は3時間半釣っていましたが4匹釣れただけでした・・・

子供達の初釣行ということで、まずは竿とリールを使ってのキャスティングができる様になる事が目標なので良しとしましょう。

161015-160151_r 161015-140550_r

駐車場へ戻り、併設されている道の駅で簡単な遅い昼食&おやつを食べ、次の目的地「岩倉ダムキャンプ場」へ向かいます。

161015-143531_r161015-143523_r 161015-145013_r161015-145035_r161015-145148_r161015-145234_r

つぐ高原グリーンパークより約30分少々車を走らせると、小さめなダムが見えてきました。

このダム湖の畔にキャンプ場はあるらしいのですが・・・

今日は10月15日、先週の3連休が終わってキャンパーもそれ程いないはず。

もしかしたら3人だけかも?

などと考えながら現地に到着してびっくり。

車が10台以上止まっているではないですか・・・

15台くらいはあったように思います。

貸し切りキャンプ場の夢が・・・

と、思いつつも思っていたよりも水場とトイレが綺麗でした。

入り口に料金案内の看板があります。

このキャンプ場、テント、タープ、車それぞれ1000円、入場料1人200円と非常に分かりやすい料金体系になっています。

なので、設営場所に荷物を降ろして道路の反対側にある無料駐車場へ車を移動する方がほとんどですね。

当然、Y3Kファミリーもそうしました。

あと、タープは持参していたのですが、雨予報もないので今回は設営・撤収を楽にするのと節約の為にテントのみにしてみました。

時期と天気によっては夜露で道具がベタベタになってしまうのですが、今の時期は夏場よりも少ないってのが今回のキャンプで分かりました。

 

 

 

最終更新日: 2017/3/31(金)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です