小黒川渓谷キャンプ場(2013年5月3日~6日 3泊4日)

今年のGWは3年前に行った長野県にある「小黒川渓谷キャンプ場」へ行きました。

このキャンプ場、伊那市が委託して運営されている為、電源サイトで¥3,000という安さが魅力でしたが、今年から近くにある「伊那スキーリゾート」を管理している会社が運営するようになり、利用料が若干UPしました。
(Y3Kファミリーの場合5人で1泊¥4,000でした)

とはいうものの、電源サイトで1泊¥4,000でも十分安いのですが、嫁曰く、トイレの便座が冷たいとか・・・
設備が少々高規格のキャンプ場と比べると見劣りするのは仕方がないでしょうか?

今回のキャンプは4日間の休みをフルに利用して3泊4日としました。

ただ、このキャンプ場だけで過ごすのは無理という事で以下のスケジュールで考えました。

1日目 テントの設営後、近くの散策&薪拾い
→夕食→焚火&焼きマシュマロ

2日目 朝食にパン焼き→魚釣り→焼き魚
→昼食→サイト散策→夕食→焚火

3日目 チロルの森へ

4日目 撤収後、みはらしファームへいちご狩り
→帰宅

実は前回の小黒川渓谷キャンプ場での過ごし方(前回も3泊4日)では少々反省点というか、家族から不満が出ていましたので今回は車で1時間程の距離にある、チロルの森へも行ってみました。が、GWという事もあり非常に混雑して大変な思いもしました。(内容の割に混み過ぎて割に合わないかも・・・)

来年は近場のキャンプ場で、もう少しのんびりと過ごしてみたいです。
(家族の不満が目に浮かぶ・・・(^^;;)

 

最終更新日: 2017/4/3(月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です