ローマン渓谷オートキャンプ場 2012年5月19~20日

今日は待ちに待ったオートキャンプの日。

昨年は、あいにくの雨で見送っていましたが今年は天気も良く、絶好のキャンプ日和となりました。

当日は土岐インターの近く、定林寺地区で定林寺まつりという陶器祭りが開催されており、以前より妻が1軒だけよってほしい窯元(丹山窯)があるということで、家を8時30分頃に出発して19号を土岐方面へ車を走らせる。

インター近くの窯元で何点(十数点?)かの陶器を購入してから土岐インターより中央自動車道で中津川インターへ向かい、約20分少々で目的のインターを降りました。

管理棟

途中、国道19号から道の駅「きりら坂下」の横にあるスーパーで昼食を購入して足早に今回のキャンプ場である、「ローマン渓谷オートキャンプ場」へ向かい、10時半時頃にキャンプに到着して早速チェックインへ。

実はこの日はオートキャンプの日で、このキャンプ場はサイト料金が入場料のみという特典になっており、実質3000円ちょっとで朝の9時から翌日の夕方までのんびり出来るという大変お得な日だったりします。

正直、1泊2日のキャンプは忙しいだけのキャンプになりがちですが、実質1日半の時間があると2泊に匹敵する満足感が得られるのでY3Kは、この「ローマン渓谷オートキャンプ場」でのオートキャンプの日は大好きです。

チェックイン・チェックアウト共にのんびり出来る為、昼食はサイトで取ることが出来ます。
通常のキャンプだと外食になりがちですが、1日目と2日目共にサイトで自炊する事が出来て家計にも優しいです。

今年も予約なしでキャンプ場でチェックイン。

今回のサイト3-B入り口
今回のサイト3-B入り口

今回のサイトは3-Bというサイトを選択。

この時期は閑散期なので予約の入っていないサイトを自分で見て決める事ができます。

多分、お気に入りのサイトがあれば予約時に指定できるのではないでしょうか・・・多分・・・

チェックイン後の昼食
チェックイン後の昼食

チェックインがAMなのでテントを設営する合間に昼食を作ることもできます。

電源サイトなのでホットプレートを持参して、やきそばを作って食べました。

昼食を済ませ、サイトの設営をする事約2時間・・・

今回のサイトはタフワイドドーム300EX-Ⅲとヘキサタープの組み合わせ。結構コンパクトな構成なので撤収も楽そうです(^^

通常のキャンプ場であれば、チェックイン後に設営が終了すると夕食の準備に取り掛かりますが、このキャンプ場は時間に余裕がありますので場内を散策しました。

キャンプ場の奥から少し高台に上り、橋を渡ると木製遊具のある小さな公園があります。

ここで下の子供2人を放牧(^^

管理棟内には読書スペースがあり、ここで長女はずっと本を読んでいました。

1時間ほど遊んでサイトに戻っても夕食までの時間、まったりと過ごしました。

サイトで戯れたり・・・・

夜食
夜食

川で遊んだり・・・・

のんびりと時間が過ぎてゆき・・・・夕食の時間。

今日のメニューは

・シチュー
・味噌豚野菜炒め?
・豆入りサラダ

1泊2日のキャンプなので手軽に作れるメニューにしました。

一家団欒
一家団欒

食事の前にお決まりの撮影タイム(^^

毎年、5月くらいから始まるY3Kファミリーのキャンプ。

子供達も少しずつ大きくなってきているのが嬉しいけれども、こうして家族そろってキャンプができるのも、あと何年できるのかなぁと考えると何だか寂しくなって来ますね・・・

長女が小5。

中学生になると部活などで休みが合わないとかで、お父さんと子供だけでのキャンプになっていくのかな~

夕食も終わって、お楽しみの焚火タイム。

Y3Kファミリーでは焚火の時にはマシュマロを焼く事がよくありますが、今回もやりました。

そんなこんなで、あっと言う間の1泊2日のオートキャンプの日inローマン渓谷オートキャンプ場も終わりの時が近づきました。

撤収の朝にちょっと場内を散策。

撤収後に売店で売っていたアイスクリームを食べました。

このキャンプ場、自分の家からも近い事と繁忙期でなければチェックインとチェックアウトの時間が、ほぼフリーなので1泊2日でも、のんびりとしたキャンプが出来るのでY3Kファミリーの一番のお気に入りキャンプ場です。

また秋にでも来ようかな(^^

最終更新日: 2017/3/31(金)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です