X31にお茶が・・・

とうとうやられてしまった・・・
「かずと」が我が愛機ThinkPadX31にお茶をかけてしまった・・・
今まで何処に行くにも一緒だったX31・・・
思い出が走馬灯のように・・・
というよりも修理にいくらかかるんだ??という心配が脳裏をよぎった。
2年前に家を購入して我が家のお財布は底が見えている状態なので今、ノートパソコンを買う余裕など無いのは分かっていた。
頼みの綱はIBMの拡張保守サービスだった。これは通常保守期間内ならば10万円までの修理代を肩代わりしてくれるサービスだが、これ以外にも盗難などの保険の役割もあるのだ。
とりあえず、修理の見積もりを取るために愛機を送り出し見積もりを取って見た。なんと、16万7千円也・・・
最新ノートPCが買える金額ではないか??
ここから10万円差し引いても6万7千円の出費は免れないようだ。
見積もり書の一番下にこんな記述があった
「※尚、ThinkPad拡張保守契約により、代替機(本体・ACA・BAT)をご希望の場合、税別5万円で一度に限り提供できます」
とあった。まさにラッキーというしかあるまい。
5万円で新しい機体になるという事で早速手続きをしようと見積もり返答を送る。
そのあと、驚愕の事実が・・・
なんと

 
周辺機器は全部買い直し
     ・
     ・
     ・
     ・
結局ウルトラベースとDVD、そして替えのバッテリーと代替機代金で10万は軽く超えてしまう事実・・・
Vistaがもうすぐ発売となる今、ウルトラベースとDVDROMドライブは必須アイテムである。
さてどうしたものか・・・

最終更新日: 2017/3/31(金)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です